透明な海と白い砂浜

幻の浜では結婚式も

ウーマン

鹿児島県の与論島沖合にある百合ヶ浜は「幻の浜」と言われています。
その理由は毎年春から秋ごろまでの大潮の干潮時のみ出現するということと、出現する浜の広さや形がその都度異なることによります。
与論島観光協会や案内所では潮の満ち引きを元に作った百合ヶ浜出現スケジュールがありますが、自然の現象なのでスケジュール通りにならないこともある世界でも珍しい観光スポットです。
百合ヶ浜に行く目的は何と言っても大海原にぽっかりと出た砂浜と、限りなく透き通ったブルーの海を体感することです。
船がまるで宙に浮いているように見えるほど透明な海でのダイビングやシュノーケリングは、ここが日本であることを忘れさせるほどです。
そんな百合ヶ浜では結婚式を挙げることもできます。
牧師による本物の結婚式は最大40人まで参加可能で、記念写真やフラワーシャワー、衣装まで全てセットになったプランです。
一生に一度の結婚式、どんなに高級なホテルや式場で挙げるより、百合ヶ浜での挙式は一生忘れることができない素晴らしい思い出になることでしょう。
また、百合ヶ浜にある星形の砂を歳の数だけ集めると幸せが訪れるという言い伝えもあるので、結婚式とはいかなくても若いカップルの思い出作りには最適です。
百合ヶ浜に行くためには時間と運が必要ですが、一度は目にしてみたいものです。
これから本格的な観光シーズンが始まりますので、思い切ってトライしてみてはいかがでしょうか。

まるでハワイにいるよう

海

皆さんは百合ヶ浜をご存知でしょうか。
そこまで有名ではないので知らないという方も多いと思いますが、鹿児島県の与論島というところにある観光地の一つです。
ここでは「サンドバー」と呼ばれる現象を見ることができます。
サンドバーとは潮の流れや満ち引きの影響で一時的に砂州が地上に出てくる現象のことで砂が波打っているように見える日本では大変珍しい現象です。
ハワイで有名なこの現象ですが、この百合ヶ浜では条件がそろえば非常にきれいな海と青空、そしてサンドバーを見ることができるということで夏場は観光客でにぎわいます。
この美しい景色を見るには条件は気温が高く快晴であること、大潮の日であること、干潮時間であることの3つです。
この条件が揃うのはかなり限られているためこの景色を見るために休みの間はずっとこの百合ヶ浜付近で宿泊するという方もいるようです。
また百合ヶ浜で結婚式を挙げるカップルも多くいるみたいで、一生思い出に残る最高の一日になること間違いありません。
ちなみに与論島観光のサイトではサンドバー出現の予想日が掲載されているので参考にしましょう。
この百合ヶ浜がある鹿児島県与論島へは那覇・鹿児島・沖永良部島から出ている飛行機に乗るかフェリーで行くかのどちらかになります。
沖縄県那覇からですと飛行機で約40分、フェリーで約4時間40分かかります。
ハワイのような風景を感じることができる百合ヶ浜へぜひ行ってみましょう。

鹿児島県の最南端の島

ビーチ

鹿児島県と言えば桜島や屋久島などが有名ですが、最近注目を集めているが与論島という小さな島です。
鹿児島県の最南端にある島で周囲約22kmほどの大きさです。
鹿児島県からは飛行機、沖縄からは飛行機とフェリーでのアクセスが可能です。
沖縄からのフライトなら35分ほどで到着します。
与論島の見どころは何といっても綺麗な海です。
透明度が高く、ウミガメなどの海の生物たちを見ることが出来ます。
そして、与論島の一番の観光スポットと言えば百合ヶ浜と呼ばれるサンドバーです。
サンドバーとは干潮時にのみ姿を現す幻の島で、日によって時間も場所も異なります。
百合ヶ浜は、春から夏にかけてその姿を現し、観光客を楽しませてくれます。
百合ヶ浜の名前の由来でもある白い砂浜と、エメラルドグリーンに囲まれたその場所はまさに楽園です。
一度は見ておきたい絶景としてメディアでも取り上げられたほどです。
百合ヶ浜には星の形をした砂があり、それを年齢の数だけ集めると幸せになれるという伝説もあります。
星砂を集めたり、ダイビングやシュノーケリングを楽しんだりと日ごろの疲れを癒す場所として非常にお薦めです。
ただし、与論島から百合ヶ浜に渡るにはグラスボートなどを利用しないと渡ることが出来ません。
近隣の海岸にはいくつかの運航サービスがあるので、それを利用して渡ります。
また、旅行会社では、沖縄や鹿児島からの飛行機やホテル、百合ヶ浜への渡航などがセットになったツアーが企画されています。
最大8日間の滞在が出来るツアーもあるので、目いっぱい与論島や百合ヶ浜を楽しみたい方は利用してみて下さい。

期間が限られている砂浜

旅行バッグ

亜熱帯気候である奄美群島には、自然豊かなな場所がたくさんあります。奄美群島の最南端にある与論島には、幻の砂浜と呼ばれる百合ヶ浜があります。気象条件によって出現する日が限られているので、タイミングがとても大切です。

もっと読む

綺麗な貝にはご用心

家族

鹿児島県の与論島に春から夏の干潮の時だけ現れる百合ヶ浜は、まぼろしの浜と言われ人気の観光スポットです。ところが南国の海にはアンボイナガイと言う猛毒を持つ巻貝がおり、刺された場合は死に至ります。魚が貝がたくさんいる百合ヶ浜ですが、素手で不用意に触るのは危険です。

もっと読む

透明な海と白い砂浜

ウーマン

百合ヶ浜に行く目的と言えば、大海原の真ん中にある砂浜で透き通ったブルーの海を体感することです。季節と潮の満ち引きによって出現する幻の浜ではマリンスポーツや結婚式もできます。日本であることを忘れてしまうような風景は一生の思い出になることでしょう。

もっと読む